更年期障害

国産のローヤルゼリーと海外のローヤルゼリーの違い

日本でも多くの年代に人気がある健康食品といえばローヤルゼリーですが、海外でも栄養豊富な健康食品として馴染みの深いものとなっています。


では、国産と海外のローヤルゼリーにはどのような違いがあるのでしょうか?

花粉が原料となるローヤルゼリーは、花の種類によって違いが出てきます。
日本国内と海外では花の種類が違うので、同じ物質でも口に入れた時の舌触りが違ってきます。
また同じ日本国内であっても、東北や北海道などでは寒さにも強いクローバーなどの花が蜂に好まれるようですが、暖かい沖縄などではドラゴンフルーツの花が蜂に人気なのだそう。
これははちみつと同様に花の種類によって、ローヤルゼリーの種類も少しずつ違ってくるということですね。

ローヤルゼリーが多く生産されている国は台湾やタイなどです。
中国の青海省や、オーストラリアのニュージーランドも生産国として知られています。
日本もそうですが、生産されている国はどこも温暖な気候です。
これは蜂の飼育環境にとっては欠かせない条件だからです。

現在の日本で出回っているローヤルゼリーの多くは中国産や台湾、ニュージーランドなどの海外で作られたものです。
国産のものはとても流通量が少なく貴重です。

日本で最も有名な養蜂場といえば山田養蜂場ではないでしょうか。
ここでは厳しい検査項目を設定し、高い安全性のもと製造されています。
残留農薬や抗生物質などの厳しい検査をクリアしたものだけ商品化されています。

できるだけ国産のローヤルゼリーを選びたいという気持ちはありますが、海外のものであってももちろん品質管理や検査は徹底しています。

どこのメーカーも海外だからこそ検査も徹底しているようですので、国産や海外産を問わず、安心して服用できるものになっています。
しかし鮮度が命の生タイプの場合には国産のものがオススメですが、それ以外の乾燥ローヤルゼリーなどはこだわりなく利用してみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い欠かせない素晴らしい物 All Rights Reserved.