更年期障害

持病の薬とローヤルゼリーを同時に摂取して問題ないのか

栄養豊富なローヤルゼリーは、糖尿病や高血圧、更年期障害やメタボ、冷え性など実にさまざまな病気や症状を改善、予防してくれる効果があります。
ですから、摂取することを毎日の習慣にして健康な身体作りをしたいと考えている方も多いと思います。

しかしローヤルゼリーのサプリメントを始めたい方の中には、持病の薬を飲んでいる方もいらっしゃるかと思います。

そこで気になるのが同時に摂取しても問題がないのか?ということですね。
http://www.dminternational.biz/hokanokusuri.htmlにも書いてあるように、ローヤルゼリーはそもそも働き蜂が女王蜂のために作り出す天然の食べ物です。
花粉が原料の天然成分であるローヤルゼリーは薬ではないので、劇的な効果がない分、副作用や飲み合わせを気にすることはほとんどありません。

しかし、血液凝固阻止剤を服用されている方は摂取は避けた方が良いみたいです。
血液凝固阻止剤とは、血液の流れを促し血栓を予防する効果のある薬です。

ローヤルゼリーにも血液の循環を良くする作用がありますので、血液凝固阻止剤が含まれた薬と同時に服用すると、ケガなどをして血が出た場合に血液が止まらなくなるといったことも考えられます。
心筋梗塞や脳卒中、肺炎などの治療薬として用いられる薬なので、心あたりのある方はかかりつけの医師に相談して下さい。
これ以外にも薬の種類によっては、ローヤルゼリーとの相性が良くないものもある可能性があるので、持病の薬を服用している方は念のために医師に相談することをオススメします。

また、天然素材の健康食品ということで基本的に誰が摂取しても問題はないのですが、アレルギー反応が出ることもあります。
花粉症やアトピー、喘息などのアレルギー疾患のある方も、事前に医師に相談して下さい。
もう一つ注意したいのが、熱い飲み物と一緒に飲むことです。
熱に弱いローヤルゼリーは、熱いものと一緒に飲むと成分の一部が壊れてしまいます。
常温か冷たい飲み物と一緒に飲むようにしてくださいね。
また、100均で売ってるようなローヤルゼリーは効果があるのでしょうか。詳しくはこちらhttp://dayspasct.com/100kin.html

Copyright(C) 2013 栄養価が高い欠かせない素晴らしい物 All Rights Reserved.